読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群馬のデザイン会社TEEDのぬるいブログ

グンマーのデザイン会社TEEDが、くらだない事から肝心な事まで…いや、主にくだらない事をこりずに更新するブログ。

【解決!】この証明書は、信頼されていない発行者によって署名されています…の件。

なんでかな〜。

最近うっとうしい程「https://」から始まるURLが『この証明書は、信頼されていない発行者によって署名されています』のメッセージが出る様になってしまい、仕事に支障が…。

 

f:id:TEED:20150420115216p:plain

通常のウェブサイトならまだしも、ジャパンネット銀行とか怖いですよね…。

(まぁ、そんなにビビる程、残高ありませんけどwww)

原因がわからないまま数週間を過ごしていましたが…

 

わかりましたよ!!

 

これです!

Mac OS Xの一部バージョンで証明書が信頼できない旨のメッセージが表示される事象について|ジャパンネット銀行

2015年4月9日にApple社より提供されたMac OS Xのセキュリティアップデート「2015-004」の適用後、一部ブラウザで、ログイン画面など「https://」から始まるSSL通信のページにアクセスした際に、「この証明書は、信頼されていない発行者によって署名されています」とのメッセージが表示される事象が確認されています。

対象となるOS・ブラウザ

対象OS
OS X Mountain Lion v10.8.5
OS X Mavericks v10.9.5


対象ブラウザ
Safari
Google Chrome
事象が発生したお客さまは、他のブラウザ(Firefox)でアクセスくださいますようお願いいたします。
万一、他のブラウザをご利用いただけない場合は、OSを「OS X Yosemite v10.10.3」へアップデート後、お試しください。 

 

なんと、こないだのセキュリティーのアップデートが原因みたいです。

なんだかな〜…。アップルさん…。

どうしてもYosemiteにアップデートさせたいのか…?

 

まぁ、とりあえずはChromeSafariがダメみたいなので

Firefoxを使う事で解決。

なんの問題も無く開けました。

同じ事でイライラしている方がいらっしゃったら、これが一番楽チンな解決法かと思われます。

 

では〜☆